本文へスキップ
森林計測,成長予測,機能評価,持続可能な森林経営
森林計画学会
Japan Society of Forest Planning

活動方針policy

会長挨拶

 先日のメール審議でご承認いただき、会長に就任いたしました。新型コロナウイルス感染症の猛威のなか、非常に厳しい状況での船出ですが、会員各位のご協力を得て、学会活動の活性化やさらなる発展に尽くしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 今回の新型コロナ対応は、私たちの生活や働き方のみならず、社会そのものをかなり変えることになると思います。そのような状況で、会長就任に当たり、いくつか所信を述べさせていただきます。
 学会の活性化といえば、まずは学会誌の充実が不可欠です。読んでもらえる、みなさまに楽しみにしていただける学会誌として充実させたいと思います。和文誌・英文誌へのいっそうの投稿をお願いいたします。どちらもオンラインジャーナルとして、世界へ発信しております。 一方、森林計画学会の分野は、研究と行政や林業経営等の現場との距離が比較的近いといえます。森林計画学会誌で公表された研究成果を現場で活用していただくため、行政などへの研究情報の提供についても検討していきたいと考えています。
 もうひとつの学会活性化の柱は、研究発表などを通じた意見交換・情報交換にあると考えます。そこで、大学院生や若手研究者の方々に研究発表の場を設定し、webシンポなども検討したいと思います。
 上記の他にも、国際研究集会の開催について日韓台の森林計画分野の研究者を中心にSustainable Forest Ecosystem Management (略してSFEM)が持ち回りで開催されるようになっており、これに積極的に関わって参ります。また若手研究者が周辺分野の方々と共同で現地検討会・ワークショップ・勉強会等を開催する動きも定着しつつあり、これらを学会として支援して参ります。
 また、世の中が変わるということでは、学会もその機能と運営を常に見直していく必要があります。前期の常任理事の方々も交えて、学会活動と運営の事務体制の見直しも進めていきたいと思います。いろいろな作業の電子化、オンライン化、ペーパーレス化、事務効率化などを検討するための改革WGのようなものを設置したいと思います。
 会員各位には、学会誌への投稿や各種集会への参加、運営改革への提言などを通じて学会活動をもり立てて下さいますよう切にお願い申し上げます。
                              2020年 4月
                              三重大学 松村直人


目的・研究領域・事業

 森林計画学会は森林および林業の計画に関わる理論および技術の発展と普及をはかるため,会員間の連絡をはかり,利用者に対する援助を行うことを目的としています。

 本会の対象とする分野は,森林の測定技術,数学および統計的手法,情報処理法,森林の機能評価法,森林資源の育成,経営管理手法,森林施業論等です。

 本会は会員の皆様へのサービス事業として次の事業を行っています。
 1.研究会の開催
 2.共同研究
 3.他学会,そのほか関係諸団体との協力および交流
 4.会誌・学会ニュース・会員名簿・書籍等の発行
 5.会員の顕著な研究業績の表彰および他団体への表彰堆薦
 6.その他,本会の目的を達成するために必要な事業


主な年間行事

日時 内容 場所
3月末 春季シンポジウム・総会 その年の日本森林学会大会会場
夏季 日台韓間シンポジウム 日、台、韓で毎年持ち回り開催
随時 数理統計、計測技術等の研究集会 大学、研究機関等

information

森林計画学会

〒612-0855
京都市伏見区桃山町永井久太郎68
国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所関西支所内
e-mail:jsfp_office@forestplanning.jp

旧ホームページはこちら